様々なご質問

APPS PASSのトライアルには何か必要なものはありますか?

TeamSpiritに当社のような機器を接続する場合、TeamSpirit 一般ユーザーライセンス*が1つ必要になります。
詳細はトライアルページの動画でも解説しています。

*TeamSpiritでは、50ライセンスに対して管理者ライセンス(Salesforceライセンス)が1となります。ライセンス数が50であれば一般ユーザーライセンス49、管理者ライセンス1となりますが、APPS PASSからの接続のためのTeamSpiritライセンスは一般ユーザーライセンスで問題ございません。また複数台の端末の場合でも一般ユーザーライセンスは1つで問題ございません。

あとは、端末がACアダプターを利用しますので、お近くにコンセントが必要なのと、なお打刻データを送信するネットワーク(有線推奨)が必要です。

トライアルの際に有線が取れない・使えない場合は、無線モジュールや、またはSIMを利用した有線ルーターのお貸し出しが可能です。詳しくはお問い合わせ下さい。

TeamSpiritのトライアル環境利用中に一緒にトライアルできますか?

はい、可能です。

TeamSpiritの営業の方にご用命いただくか、直接当社までご連絡下さい。

なおAPPS PASSトライアル中は仕様上 TeamSpirit 5ユーザーのうち、1ユーザーを当社にて利用いたしますので予めご了承願います。

またTeamSpiritを正式にご契約される場合、そのままトライアル環境を利用するか、新たに新しい環境を発行するかお選びいただけますが、後者の場合APPS PASSも新規での設定が必要となります。

Sandbox環境ではトライアルができますか?

はい、可能です。SandBox環境でのトライアルをご希望であれば、Sandbox環境でAPPS PASSの設定を行います。

(導入企業様向け)現在APPS PASSを本番で利用している上で、Full Sandbox環境を作った場合利用できますか?

最初に行っていただいたAPPS PASSの設定について、バッチスクリプトの実行のみ必要がございますが、それ以外は全てコピーされているので不要です。

ICカードライセンス枚数も同じ値(100枚ならば100枚)でコピーされます。

なお、Sandbox組織のユーザはユーザ名に変更が加えられる(末尾にサンドボックス名が付与される)ため、端末への打刻機ユーザ名の打ち込みにも末尾にサンドボックス名を付与します。

Sandboxへのコピー作業自体についてはTeamSpirit側の設定になるため、当社ではサポートが出来かねますが、SandboxへのAPPS PASSの設定と検証については、無償トライアル同様に承ります。(本番機とは別のトライアル端末も貸出可能です)

アカウントログインアクセスの発行を行ったシステム管理者は無効にしても良いですか?

無料トライアルのお申込みには、当社へTeamSpiritの組織IDをお知らせいただき、またAPPS PASS機能を有効化するためにチームスピリット社へのアカウントログインアクセスの発行をいただきますが、チームスピリット社にアカウントログインアクセスの発行を行ったシステム管理者様のアカウントは申請終了後無効にしても問題はございません。

なお、この”アカウントログインアクセスの発行”については、
APPS PASSご利用の中では、以下の場面でもお願いをいたしますので予めご了承をお願いいたします。

・トライアルから正式にご契約をいただく際
(チームスピリット社にトライアル5ライセンス→ご購入ライセンス分を追加いただきます)

・ライセンスを増減させる際
(チームスピリット社にご購入ライセンス分を増減いただきます)

・ご解約をいただく際
(チームスピリット社にAPPS PASS機能の無効化を行っていただきます)

補足ですが、APPS PASSの設定作業を行ったシステム管理者様のアカウントは無効にしたりしてしまうとバッチ処理が動かなくなってしまうため無効にすることはできません。

プレゼン録画・ご紹介資料
初めて営業に伺った際のプレゼンを録画しております。
またプレゼンの資料(PDF)も登録無しでダウンロードできます。
トライアル・ご説明のご希望などございましたら、以下フォームよりご連絡下さい。
また、ちょっと聞いてみたいようなご質問でしたら、左下の無記名チャットからでも構いません。
速やかにご返信差し上げます。お気軽にお問い合わせください。
APPS PASS
Loading...